老人ホームで癒される!?香りで介護を快適に

老人ホームで介護される側もする側も癒される!

アロマテラピーは、老人ホームでも役立てることができますよ。介護が必要な高齢者はもちろん、介護者や家族にとっても快適な介護空間を作るために精油が実力を発揮してくれるんですよ。心地いい香りに包まれて癒しの時間を共有したり、アロマトリートメントでスキンシップをしたりと、老人ホームで介護中のコミュニケーションを促すきっかけとしても、アロマテラピーは最適なツールとなるでしょう。もちろん介護には、専門的な知識やスキルなどが必要ですから、必要に応じて専門家のアドバイスを優先したほうがいいですね。

高齢者には精油を低濃度で使用する!

ひと口に高齢者と言っても個人差が大きいものですが、一般的に65歳以上の身体機能は、成人に比べると低下してくるんですよね。代謝機能も徐々に衰え、皮膚のバリア機能も低下してくるので、刺激に対しても敏感ですね。そのぶん精油濃度は低めに設定する必要がありますね。老人ホームで高齢者にアロマテラピーを行う際は、成人向けの精油濃度の半分である0・5%以下を目安にするとよいでしょう。また、ペパーミント、ユーカリなどの刺激が強い精油の使用は避けたほうがいいですね。

製油の香りで楽しい記憶を呼び覚ます!

高齢者の中には、外国産のなじみがない植物の香りに違和感を覚える人もいるようですね。そこで活躍するのが和精油です。ユズやヒノキ、ヒバなどの和精油は、日本人にとってなじみ深いだけでなく、脳にダイレクトに働きかけて昔の記憶を呼び覚ますんですよ。香りがきっかけとなり、老人ホームで思い出話に花が咲くこともあるものですよ。高齢者には、楽しい記憶を呼び覚ますような精油をセレクトしてみるといいでしょう。また柑橘系精油も、気分を明るくしたり、食欲を増進したりするなど、高齢者にプラスとなる働きを持っていますから、老人ホームのさまざまな場面で活躍しますよ。

神奈川県の北東部に位置している川崎市は、工業地帯が多い地域ですが住宅街も多く、非常に多くの住民が生活しています。また、老人ホームの数も比較的多く、川崎市の老人ホームなら安心できます。